夏納め

| トラックバック(0)
例年、夏は何かしら野外の音楽イベントに行きます。「夏フェス」です。

今年は2つのイベントに行けました。

1つは、8月に茨城県の国営ひたち海浜公園で開催された
「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016」に久々に行ってきました。

通称「ロッキン」と呼ばれ、国内の邦楽のアーティストが出演する
日本3大ロックフェスの一つです。

参加した3日目は快晴でそれなりには暑かったですが、海風が心地よく
音楽を聴きながら、とてもビールをおいしくいただけました。


20160923-2.jpg

そして、先日夏納めとして群馬県の水上高原で開催された 
「New Acoustic Camp 2016」に初めて行ってまいりました。

ゆったりしているフェスなのでファミリーが多く、とても和やかな雰囲気のフェスです。 

事前の天気予報でわかってはおりましたが、、、雨でした。

※会場の様子の写真ですが雨でスマホをジップロックに入れて撮影しているため
 なんだかわかりづらい写真ですみません。



トリのEGO-WRAPPIN' のときは大雨警報も出て、フジロックにも負けないくらい豪雨でした。

EGO-WRAPPIN' は見たいと思いながらも今までタイミングがなく見れずにおりましたが、
期待していたとおりとてもかっこよかったです。
ぐっと惹きつけられ、雨と寒さも忘れしっかり最後までみて帰りました。

私の今年の夏は終わりました。また来年の夏が楽しみです。


さて、最後にアボガドの近況報告です。

20160923_1.jpg

途中葉っぱがでて、枯れてを繰り返し、

カットしながら、なんだかんだで、

現在、順調です。

背丈30cm位です。

そろそろまたひとまわり大きい鉢に植え替えです。

あまりにすくすくまっすぐのびるので名前は「ニョッキ」にしました。




前回ちらっと画像だけ載せたコケはあいにく全滅、
エアープランツ(チランジア) は2個が1個になりました。。

また最近、ちょっとおデブなパキラやはえとり草のシャークティースなど
いつもお世話になっている越谷の観葉植物屋さんで仕入れたので大切に育てます。

だいぶ、秋めいてここのところ涼しいですが皆さま体調崩されませんようご自愛ください。

文&写真:ぶんちゃん


季節の変わり目

| トラックバック(0)
s-黄コスモス.jpg













9月に入り花屋さんの店先もコスモスが出回り始めました。
同系色の蝶々が蜜を求めて飛んできました。写真分かりますか?

母を数年前の夏に看取った時に偶然庭先に蝶々が飛んできて、何となくそれ以来蝶々を見かけると
その時を思い出します。
母の生きざまを感じ、時には慰められ、時には話しかけられ、時には。。
思い出に残るシーンが甦ります。心を鍛えてもらう気がして勇気ももらいます。


これまで蝶々に何の関心も持って居なかった私が、人生の別れ際に体験した思い出が
後に蝶々を身近に感じるとは思いもよらない事です。

自宅近所の子供たちは網を持って追いかけていますが、内心とらなくていいから、と言いたくなります。
ひらひらと自由に飛んで行ける蝶々は兄姉の近所にも遊びに行っているかも知れないです。

写真&文: 5Gチャレンジャー

なん・・・だと・・・

| トラックバック(0)

 

 

トマトです。

先週、ポケモンGOがデータクラッシュにあいました。

今までありがとうございました。

 

さて、こち亀が40周年ですね。

40年間ずっと休載なしで、締切に遅れたことがないそうです。

驚異的ですね。

 

 

ここで脳内をよぎるのが、そう、冨樫先生のことですよね。

先日、何度目かの休載にはいられた、あの冨樫先生ですね。

 

 

 

 

こち亀は、40年間連載して、もうすぐ200巻目が発売されます。

これは1年に5冊のペースです。

 

ハンターハンターは連載開始が1998年ですので、今年で18年目です。

最新刊は33巻ですので・・・2,3年に・・1冊のペース・・・

 

加えて、これはあくまで平均で、最初の頃はコンスタントに発刊していましたので

最近は5年くらい新刊を待ってますよね(体感です)。

 

待つからいいんですけども。

新刊出た時は「ありがとう」って思うからいいんですけれども。

 

 

 

 

40年間休みなしで連載を続けている秋元先生も、

休載期間が長いながらも、待ち続けるファンが多数いる冨樫先生も、

偉大だなぁと思います。

格好いいなぁと思います。

そこにシビれる、あこがれるゥ!です。

 

 

こち亀40周年記念に荒木先生が寄稿した

中川さんがスーパー素敵です。

芸術作品です。

 

 

 

以上、最近思ったことです。

 

とても個人的なことで恐縮ですが、

どこかにいらっしゃるどなたかに共感頂ければいいな、と思います。

 

 

 

文:トマト

Yuksek

| トラックバック(0)

ルーキーPです。
先週、コイキングがギャラドスに進化しました。

弊社最寄の越谷駅はポケストップが非常に多く、
昼休みは会社の同士とハントやジムバトルに励んでいます。

私のポケモンの上位打線はCPの平均が2000を超えているので、
昼休みに駅前のジムに行った際に
「CP 970のスターミーいるよ、弱っ」
『それ、自分のです、、』
「あ、、、、」
ということが起きます。
現時点で図鑑99匹なので、120はサクッと超えたい所存です。

最近、任天堂とディズニーを比較する記事を読みましたが、
個人的にディズニーはキャラクターだけでなく音楽もいいなと思います。
クラシカルなものだけじゃなくダンスミュージック含めかなり色んな要素を入れてます。

個人的に最近はフレンチエレクトロが再びホットです。
数か月に一度、
私と、広告代理店マンと弁護士とベンチャー役員の友人4人で都内某所でホルモンを食べるという会があるのですが、
皆音楽の知識が豊富なのでいつも何かしら話題に挙がります。
先週は「ポカリスウェットのCM見た?」でした。

曲のテイストがフレンチエレクトロでクオリティが非常に高いので誰の仕事だろうという話になりました。
確かに。完全にフレンチエレクトロです。

フレンチエレクトロで一番有名なのはDaftPunk、2000年台ではJUSTICEが最も有名で、
何度も来日もしてます。
私は5年くらい前のサマソニに行きましたが、
幕張メッセの1万人くらい入るホールがすし詰めくらいました。
JUSTICEを擁するEdBangerレコードはSO MEのアートディレクションが素晴らしく、
PVも毎回カッコいいです。

ポカリのCMを調べると、既に徹底して調べ上げた方がいました。
Yuksekの編曲!なるほど!渋過ぎるチョイスです!

Yuksekは日本ではほとんど知られてませんがフレンチエレクトロ界隈では
なかなかの有名人です。
今後もこういった攻めのCMがどんどん増えてくといいなと思います。

以上、ルーキーPでした。

蜂 エピローグ

| トラックバック(0)

怪我の功名?

とは言い難いですが、蜂に刺された場合の対処法については、

恥ずかしなら、全く知りませんでした。初めて知りました。

 

・近くに水場があれば、先ず流水で刺された所を洗い流すことだそうです。

看護士さん曰く、蜂の毒は水に弱いとの事です。 

・刺された所に、針が残っている場合は絞り出さないで下さい。

このことについては、ネット上に、予防方法や刺された場合の

対処法について書かれているサイトが多々ありますので是非一読して下さい。 

でも針の抜き方は難しそうです。

 

今回の経験で痛みも痒みも「冷やす」と少しずつ軽減されます。

私は、バケツに氷水を入れて冷やす、その後保冷剤を入れるようにし、

その後は保冷剤を靴下の内側に入れる等しました。

 

保冷剤をバケツに入れる場合は良いですが、肌に直接付けていると、

時間が経つと保暖(?)剤になりました。

 

その後は熱様(熱さま)シート大人用に変えました。

こちらの方が冷却効果がありました。

 

8月も残り少なくなってきましたが、これからキャンプやBBQ等の

アウトドアを楽しむ方は蜂や他の毒虫、蛇等に遭遇すること或いは被害に

会う事こともあるかもしれません。

 

ポイズンリムーバー等を持参することや、衣服の種類や色にも気を付けて、

是非楽しいアウトドアライフにして下さい。

 

又、特に蜂の場合は、今回の経験で副腎皮質ホルモン系の軟膏があると良いですが、

お子様がいらっしゃる場合や副作用も含め、事前に近隣の病院で

お医者様のアドバイスを受けられた方が良いのではないでしょうか。

 

それと酸素濃度計を使えば、血液中の酸素が指先で簡単に測れますので、

あると更に良いかもしれませんが、やはり事前に専門家のアドバイスを

受けえた上て使用することが大切だと思います。

 

文 田辺 熱

蜂その5

| トラックバック(0)

腫れが引いた後、刺された箇所をよく見ると、左足のくるぶし下の右側に針1か所、左側4か所あった。

今回のスズメバチの一件で、ゴキブリは"可愛い"と思えるようになった。

人の気配で隠れる、逃げる。明るい時には顔を出さない。家主を刺さない、噛まない。

ゴキブリホイホイにも"かかってくれる"。

それに比べ、スズメバチは家主に感謝どころか危害を加える。更にはミツバチをも全滅させる。正にゴキブリ以下だ。

今回の一件で、我が実家には2本のスズメバチ駆除スプレーを常設した。

駆除必須昆虫となった。

 

その後会社に電話をした。スズメバチに刺されたと言うと「アナフィラキシーショックは無かったですか」と即言われた。

他のテクノオフィスの社員と電話で同じ話をした時も、「アナフィラキシーショックは無かったですか」と同じように言われた。

このような言葉がすぐ出るのは嬉しい。流石だ。


文: 田辺 熱

蜂その4

| トラックバック(0)
日暮れ前に、従兄弟参上。
スズメバチマグナムジェットプロを渡す。彼は防護服を着てマグナムジェットプロ2本を両手に巣に向かう。
巣らしき所をめがけて一斉射撃。飛び出して来る蜂は反対側のマグナムジェットプロで攻撃。何となく西部劇風、未来型2丁拳銃バージョンだ。

4本でほぼ全滅させたが巣が見つからないとの事。場所が押し入れの外側だったので内側からも確認したが全くハチの巣らしき物はない(当然といえば当然だが)。

壁を壊しても良いかとの事だったので、即OK!
翌朝早く、従兄弟、再度参上。早速壁を壊すというより剥がし始める。

この従兄弟君、身長180cm程でがっちりした体格、更に私の母より10歳年下の叔母の3番目なので、私より一回り以上若い。段取り良く、大胆に作業を進める。

巣を見つけたとの事。更に巣を攻撃し、取り出してきた。

図1.jpg










外壁と内壁の間に小さな穴がありそこから入り込み、内壁と外壁の間の
巣を作っていたのだ。

従兄弟曰く、この蜂は黄色スズメバチとの事。更に女王蜂と働き蜂を持って来た。
確かに女王蜂は、確かに働き蜂より一回り大きい。
OUTとなった女王蜂の写真を私が撮らなかったのは、武士の情けだ。

従兄弟、剥がした外壁を、雨に濡れても良いように、とりあえず修復してくれた。

写真&文 田辺熱

蜂その3

| トラックバック(0)

結論、このスズメバチの駆除は自分でするしかない。

とは言え防護服がなければ、危なくて出来ない。

 

そこで従兄弟に防護服を持っていないか電話した。

事情を聴いて従兄弟がスズメバチ駆除すると言ってくれた。夕方我が家に来るので、

スズメバチ駆除スプレーを4、5本買っておいてくれとの事。

 

早速、右足は靴、左足はサンダルで痛い左足を引きずりながらホームセンターへ。

スズメバチ駆除用スプレー 2種類5本を買う。


 

特に、スズメバチマグナムジェットプロは、黒いグリップにトリガーと

まるでピストルのようだ。トリガーを引くと図の左側から噴射する。

写真&文:田辺 熱

蜂その2

| トラックバック(0)

蜂に刺された!

8月12日午前9時過ぎ、エアコンの設置業者の方が来た。

これまでは実家に戻った時に仕事をするのはエアコンのある居間であったが、

空き部屋を仕事部屋にしようと思い、その部屋にエアコンを設置することにしたからだ。ところがアコンの設置業者の方曰く、蜂がいるのでエアコンの設置が出来ない、 蜂の駆除をしてほしい、その後に設置するとのこと。

蜂の確認をしに行くと確かに室外機の設置予定の場所の近くに

蜂が数匹飛び回っていた。

どこに蜂の巣があるかと見ようとした瞬間、左足かかとの内側がチクリと痛い。

見ると蜂が刺しているではないか。

急いでその蜂を叩くと、すぐさま同じ左足の反対側かかとの辺りを数回刺された。

最初のチクリの直後、左足に激痛が走る。激痛と同時に刺された所に心臓があるかのように

血管が早鐘の様な動きをしている気がした。本当の心臓はそんな感じでは全くないのだけれど。


病院に行かないとまずいと思い、右足は靴で左足はサンダル履きで足を引きずり車で病院へ。

受付から診察までの時間がこれほど長いと思ったことはなかった。とにかく酷い痛みだ。

看護士さんが血圧と血中の酸素濃度を測りにきた。

血圧上199、下100、初めて見る値だ。

血中の酸素濃度は正常との事。

別の看護士さんが刺された場所を冷やす様にと氷のはいった袋を持ってきてくれた。


やっと診察。

先生「どんな蜂に刺されました?」

私「名前は分かりません。体長が3cm程度で黄色の蜂でした!」

その時初めて私は、蜂と言えばミツバチかあしなが蜂しか知らない事を知った。

注射はされず、軟膏の処方箋をもらい、購入後直ちに薬局で塗り、自宅では

バケツに氷水をいれ、ビニール袋に足を入れてそのまま冷たいバケツの中へ。

冷やしながらネット検索だ。

なんという名前の蜂だろうか、駆除する方法は等等。

分かったことはこの蜂は「スズメバチ」だという事、更にこの「スズメバチ」は私の大切なミツバチをも攻撃し、壊滅させるとのこと。許せん! 名前もスズメバチではなく毒蜂が良いと思った。

駆除には防護服が必要なこと、ネットで買っても、実家にいる間に届く保証がない事だった。

駆除の専門業者も、まず見積、そして駆除の際に私の立会が必要との事。これも時間的に無理だ。


文:田辺 熱


 


 

 


 

 

蜂その1

| トラックバック(0)

私にとって、蜂と言えばミツバチ、ミツバチといえば蜂蜜。

子供の頃、我が家では蜂蜜は貴重な物で、祖母が壺にいれて保存していた。

少し体の具合が悪い時等にのみ祖母が食べさせてくれた。

そんな貴重だった蜂蜜だが、中学生か高校生の頃からだったと思うが、

蜂蜜を好きなように食べられるようになった。

家の近くにスーパーが出来たのではない。


養蜂業の方が、れんげそうが咲くころ、我が家の田んぼや山の彼方此方に

ミツバチの巣箱をおき、れんげ蜜を集めた。

我が家での収穫が終わると次の場所に移動する。

その時に1升ビン2本のれんげ蜂蜜をお礼として我が家に置いてくれるように

なったからだ。

れんげそうは稲を植える為の緑肥だったから毎年春、我が家の田んぼの

全てがれんげそうで満開だった。

このれんげそうからとれる蜂蜜は香りや味に癖がなく私は大好きだった。

れんげ蜂蜜は甘党の私のお菓子替わりとなった。


この時から蜂は私にとっては蜂蜜のプレンゼンターで、昆虫というより

大切な"Creature"であった。


文:田辺 熱

 

 

<< 2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ

ケータイアクセス
日本バリデーションテクノロジーズ公式サイト